浮気は法律で定められたれっきとした離婚原因

MENU

浮気は法的に認められた離婚原因

夫の浮気で離婚したいと夫に言ったら、離婚は認めないと拒否されてしまった…

 

という場合でも、日本では夫が妻以外の相手と性的関係を結ぶ行為、不貞行為を理由に裁判を通して強制的に離婚を認めてもらうことができます。

 

夫の不倫・浮気で離婚するというのは、れっきとした離婚原因になるのです。

 

 

この不貞行為とは、

 

性的関係が一時的か、継続的か
風俗に通うような行為かどうか

 

ということを問いません。

 

不貞行為は通常密室で行われるため、立証が難しいのが特徴です。

 

 

なので、探偵に夫の尾行調査をしてもらい、浮気相手と一緒にホテルに出入りするときの証拠などを抑えておく必要があります。

 

 

離婚原因としては不貞行為のほかにも

 

悪意の遺棄
3年以上の生死不明
配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないこと
その他婚姻を継続し難い重大な理由

 

というのがあります。

 

 

悪意の遺棄とは、正当な理由がないのに夫婦が負っている同居義務や協力義務などを、行わないことです。

 

 

夫が浮気相手にのめり込んで家に帰っこない

 

浮気相手につぎ込んで生活費を家にいれなくなった

 

などは悪意の遺棄にあたります。

 

ですので、そういう証拠があれば抑えておきましょう。

 

 

 

不貞行為は離婚原因として認められますので、

 

 

浮気した夫を許せない
絶対に離婚する

 

でも夫は離婚に応じないという場合には

 

裁判で争う必要が出てきます。

 

 

裁判では客観的な事実が必要になりますので、証拠を用意しておきましょう。

 

 

 

夫の浮気調査は探偵に依頼して確たる証拠をつかむ!

確実な浮気の証拠をつかむ事が大事です

はじめての浮気調査…何をどうしたらいいのかわからない。
そんな時に悩み相談から探偵社選びまでサポート
相談見積もりは何度でも無料!
女性のための浮気調査

全国対応 もしかして浮気?一人で悩まず、まずは無料相談 浮気調査は業界最安値の15,750円〜