夫の浮気で離婚する場合 弁護士に依頼するメリット

MENU

弁護士に依頼するメリット

通常夫婦双方が離婚に合意すれば離婚は成立しますので、離婚に向けて話し合いが出来れば、弁護士は必要ありません。
ですが、夫が浮気して離婚の場合には、浮気相手との交渉も必要ですし、かなりのストレスがかかります。

 

裁判まで離婚を争うことになれば、プロである弁護士に依頼した方が良いですし、そこまで至らない場合でも、弁護士に依頼することはメリットが多くあります。

 

1.冷静な判断ができる
夫に浮気されて多くの女性はとても傷つきます。そして傷心のあまり冷静な判断や話し合いが出来なくなる恐れがあります。
夫は有責配偶者ですから、有利に離婚を進められるのに、感情的になって性格の不一致で離婚となってしまっては、慰謝料請求など取れるものも取れなくなってしまいます。

 

離婚の話し合いでは、養育費や親権、財産分与など決めなければいけない事柄がたくさんあります。

 

法的な根拠を添えて交渉ができるということは何よりの強みです。

 

2.交渉に伴うストレスからの解放

 

浮気された妻側からすれば、悪いのは浮気した夫なのに離婚に関する交渉だけでも、相手が認めない、女として魅力がなかったからだとか、暴言を吐かれる可能性があります。
それでも離婚に向けて協議を進めていくのは大変なストレスがかかります。
浮気相手との交渉も、とても心労を伴います。

 

仕事も生活も手に付かないほど浮気が原因の離婚協議のストレスは影響が出てきます。

 

 

このような交渉を弁護士に任せることで、今後の自分の未来への準備を進める事ができます。

 

 

3.有利に離婚できる可能性

 

浮気した夫は自分が悪いのを棚に上げて、あれこれと妻のあなたが悪いと責め立ててくる夫もいます。
そういった事をずっと聞いていると、あなたは全く悪くないのに、自分も悪かったのかも…と、夫の言いようにされてしまう可能性があります。

 

慰謝料だって払わない、お前だって悪かったんだとか、
子供は俺が育てる、お前が育てたいなら勝手に出て行け、養育費は払わない!

 

などと、言われて、それに耐え切れずになんの取り決めもなく離婚届を提出してしまうというのは避けたいものです。

 

浮気で離婚を決めたなら、弁護士が交渉することで全体の状況を分析して相場よりも有利な結果を得られる可能性もあります。

 

 

 

4.事後的なトラブルを予防できる

 

離婚の際に取り決めた財産分与の額や養育費を夫が支払ってくれないという時に、もうあんな浮気した夫とは話し合いもしたくないと、泣き寝入りしてしまう女性も多くいます。

 

また、養育費に関しては最初は払ってくれていたが、途中で途絶えるというのもよくあるケースです。

 

こういう事後的なトラブルを避けるためには、内容が的確で法的に効力のある離婚協議書を作成する必要があります。
これは個人でやろうとすると法的に有効でなかったりしてトラブルの基になります。

 

離婚協議書を公正証書で作成すると、もしも養育費などが支払われなかったりした場合に、給料や預金口座の差し押さえといった事も可能になります。

夫の浮気調査は探偵に依頼して確たる証拠をつかむ!

確実な浮気の証拠をつかむ事が大事です

はじめての浮気調査…何をどうしたらいいのかわからない。
そんな時に悩み相談から探偵社選びまでサポート
相談見積もりは何度でも無料!
女性のための浮気調査

全国対応 もしかして浮気?一人で悩まず、まずは無料相談 浮気調査は業界最安値の15,750円〜